kitayama

写真 アプリ開発 時々旅行 そしてテニス

larval migration

larval migration メモ

php artisan make:migration create_company –create=company

この内容で、database/migrations の下に、2019_11_18_001404_create_tours.php

の形でファイルができる。

bigIncrements(‘id’);

$table->integer(‘company_id’); //ツアー管理会社
$table->string(‘name’,128); //ツアー名
$table->string(‘code’,128); //ログインコード
$table->integer(‘user_id’); //ユーザーID
$table->timestamps();
});
}

/**
* Reverse the migrations.
*
* @return void
*/
public function down()
{
Schema::dropIfExists(‘tours’);
}
}

のように記述して

php artisan migrate

を実行する。

Unity に Vuforia をインストールしようとしたらエラーになった件について

unity に Vuforia をインストールしようとしたらエラーになった。

調べてみたところによると、Unity のアプリケーション(プロジェクトではない)が、Unity のルートにないとインストールできないらしい。

そこで、

/アプリケーション/Unity/Hubの下の所定のバージョウンの中身を全て、/アプリケーション/Unityの下に移動。

ダウンロードしておいた、Vuforiaのインストーラを起動 (インストーラのバージョンと移動させたバージョンが一致してないといけない)

インストールが成功したら、移動させたアプリケーションを、HUBの下の元に移動させる。

IPADOS13 パブリックβ2

IPADOS パブリックβ2 本日リリースされたことに気がつきました。

気がついたことを書いていこうと思います。

とりあえずこれはいいと思ったこと。

マウスのサイズを変更できるようになりました。

いままでは、3段階で一番小さくても大きかったので、今回はその下にもう1サイズできていていい感じです。

それと、マウス使ってないときは消えてくれます。

今までは、すぐに画面の真ん中にドカンと邪魔くさかったのですが、消えていればなんの問題もありません。

 

ということで、今は、この原稿もiPADOS3で書いています。

iPADOS13 β版でマウスを試してみた

iPADOS 13。もう興奮しますよね。予定より1ヶ月早くリリースされたので、早速試してみました。

試したのは、iPad mini 5。本当はiPADPRO に入れたかったんですけど、流石に動かなくjなっちゃうと困るので、まずはmini5 に入れてみました。

で、噂のマウスを動かしてみました。

 

とは言っても、意外と長い道のりでした。というのはですね。

なんとmagic mouse2 で動かない。APPLE純正のマウスで動かないなんて思わないでしょ?

なので、mini5だと、まだマウスが動かないと思ったんですね。かれこれ1時間ほど動かしたんですけど、動かないので、諦めました。

もともと、macで使っていたマウスなので、bluetooth コネクションが他で認証されちゃうとダメなのかな〜とか思っていました。

でもって、今朝起きた時に、机の上に転がっていたmagicmouse。そう電池入れる初号機です。

この、まうすなら、もうずっと電池入ってないし、プロファイルも消えてるかな〜とか思って、電池入れてみたんですね。

そしたら、認証は遅かったんですけど、見事bluetoothに接続したんです。

結論、iPADOS13は、magicmouse2には繋がらないけど、magic mouse には繋がる。

一度わかってしまうと、その後はスムーズ。thinkpad のキーボードにもつながりますし、怪しげなtouchpad を持つキーボードにもつながります。

マウスのセンターをメニューでdocに入れると、すワイプで出てこなくなったDOCも呼び出せます。一気に、使い勝手UP。タッチパッド付きキーボードiPAD用が出る予感。

それにしても、このマウスアイコン。もうちょっと小さくならないのかな。

swift + iOS 12 カメラ撮影したデータにGPSデータを付加する。

IOS12 でカメラで登録した写真にLOCATION を登録

iPhone でカメラで撮った写真に、exif を書き込んで、ロケーションを登録する。こんなの、すぐできるとおもっていたら、思わず、丸々2日もかかってしまいました。

 

まず、iOS10の時までに仕えていたライブラリーが使用禁止。あげくのはてに、exif の仕様が変わったのか、世の中に数多ある、方法では、全然location にデータが入らない。GPS 情報はexif の外側に保存するのね。これに気がつくのに半日費やしました。

で、なんとかデータを書き込むことに成功しました。

 

ソースの必要な方は、ご連絡ください。

NIKON Zマウント CANON RFマウント SONY FEマウントを考える

ニコンのミラーレスが発表されて、CANON の追従。まだ、パナソニックとソニーの新機種が出てないですけど、本当に面白い展開になりそうですね。

さて、ここではNIKON の Zマウントを考えてみたいと思います。

内径 55mm フランジバック16mmというシステムは、システムとしては非常に良くできていると思います。

Z7 が値段が高いって言いますけど、α7R2も似たような値段でしたし、まぁしょうがないかなと。それよりも、今、どのマウントを選ぶのかって問題だと思います。

RF マウントがフランジバック20mmを隠したように、フランジバックはやっぱり短いほうがいいよね〜って言うのはFマウントを使ってきたものには切実だと思います。

というのは、FEマウントのフォクトレンダーが付く可能性が高いということ。

結局の所、ミラーレスの最大の魅力は、レンズのバリエーションが実は多いということ。FE18mmとニコン16mmは2mmの差ですけど、マニュアルレンズであれば付く。
だって、fマウントとEFマウントは2.5mmだけど付いたじゃないですか。

当然、EFマウントなどが、シグマあたりからマウントアダプターが出ると思うので、最も多くレンズが選べるのはNIKON Zマウントってなる可能性があると思います。

RFマウントは、全く望み薄ですからね。

結局、なんだかんだ言って、NIKONは今回他社製のレンズに門戸を開いたのだと思います。Z7とEOS-Rのどっちがいいかではなく、ZマウントはRF マウントよりいい。この点で今回はNIKON を選ぼうと思います。