kitayama

写真 アプリ開発 時々旅行 そしてテニス

Z7 夜景撮影



NIKON Z7 NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 70mm f8 2.0sec

ニコンのNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sは、非常に収差が少ないのが特徴。先も細いので、夜景撮影にはもってこいって感じがします。
この日は、もともと高見石まで行くつもりだったのですが、残念ながら道路が登記通行止めになっていたので、途中の駐車場から夜景を撮りました。

薄暮のブルーのラインが美しく、遠くの山も薄っすらと見えているトワイライトタイムはほんの10分ほど。夜景が輝き、山も映るという時間は更に短くなにげに5分ほどしかないかもしれません。ですので、ある意味、星を取るよりも難しいのです。

この日はちょっと雲が多く、星が移りませんでしたが、雲が少なければ、多少の星も写ってもっときれいになったのに残念でした。

Z7 で星空 


NIKON Z7 Z24-70 f/4S 24mm f4 15SEC

白駒池で撮った星空。
実は Ai-F 14-24/2.8 も持って言ったのですが、さて、つけようかなって思って、マウントアダプターを見たらつかない。
なんとマウントアダプターが、comitte(SONY用のアダプタ)を持って来てしまったのですね。
直前で、重いからα7R2 は置いて言っていいやって思って置いて来ちゃったのです。大失態。

ということで、レンズが 24−70/4しかないのでそれで撮りました。私としては珍しい24mm での星景っていうのもそのためです。

当日は、高見石まで登るつもりだったのですが、一気にやる気が失せて、この次でいいや(←これも大失敗)って登らず、白駒池で撮って来ました。

ただ、ご覧の通り、雲ひとつない非常にいい日で、21時頃だったにも関わらず数名、この時間でも来るカップルがいらっしゃいました。みなさま、この暗闇だと白駒池までとはいえきちんとした装備がないと辛いと思います。ご注意ください。

F4とはいえ、Zの24-70は非常に綺麗な抜けの良い写りをします。周辺まできっちり改造して変な収差も出ませんので安心して使うことができます。山とかには非常にいいレンズですね。

後日談:
この撮影日は10月10日だったのですが、2週間後高見石まで行こうとしたところ、なんと道路が冬季閉鎖!行けなくなっていたのでした。ちゃんちゃん!

ミヤンマの夕日 (NIKON Z7 FTZ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR)


NIKON Z7 FTZ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR ISO 64 300mm f/8 1/640
 

NIKON Z7 に ニコンの28-300mm レンズです。

28-300は全長が短いので、持ち歩きには大変に便利。しかもコントラストが高いので、300mmf/4などに比べると若干の解像度の低さなどもあるのですが、持ち歩きの気楽さを考えると大変によくできたレンズだと思います。
このレンズを、Z7 につけると、その全長の短さからある意味、スナップシューターそのもの。

今回はミヤンマまでのレンズは SLINE Z24-70と、AF-S 14-24/F2.8、とこの3本を持っていきました。

悩んだのは、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR と AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED を持って行くかどうか。
300mm は、小さいこともあって最後の最後まで悩みました。
でも、今回はパス。代役として、28-300の高倍率ズームがどこまで耐えれるかを試してみました。

結果として、今回は大正解。Z7 につけると、本当に小さくて便利。D810の時も便利だったんだけど、つけたままでも全く邪魔にならないところは好印象。AF がかなり遅いのが悩ましいのだけど、28mm から 300mmまで対応するので良しとしました。

NIKON Z7 フォクトレンダー 12mmf5.6



NIKON Z7 Voightrender 12mm typeII f5.6

SHOTEN からマウントアダプターが出たので、Z7 で使ってみました。

SHOTN のマウントアダプターは、ややオーバーインフなので、近距離はちょっと辛いです。

ソニーのアルファに比べると、周辺まで像がしっかりしていて色がぶれないのと、像が流れないことが特徴的ですね。

周辺減光はそれなりにありますが、すっきりしているので嫌な感じはないです。

正直、アルファで使った時のう〜〜〜〜んって感じは少ないと思います。

しばらく常用してみようかと思っています。

NIKON Zマウント CANON RFマウント SONY FEマウントを考える

ニコンのミラーレスが発表されて、CANON の追従。まだ、パナソニックとソニーの新機種が出てないですけど、本当に面白い展開になりそうですね。

さて、ここではNIKON の Zマウントを考えてみたいと思います。

内径 55mm フランジバック16mmというシステムは、システムとしては非常に良くできていると思います。

Z7 が値段が高いって言いますけど、α7R2も似たような値段でしたし、まぁしょうがないかなと。それよりも、今、どのマウントを選ぶのかって問題だと思います。

RF マウントがフランジバック20mmを隠したように、フランジバックはやっぱり短いほうがいいよね〜って言うのはFマウントを使ってきたものには切実だと思います。

というのは、FEマウントのフォクトレンダーが付く可能性が高いということ。

結局の所、ミラーレスの最大の魅力は、レンズのバリエーションが実は多いということ。FE18mmとニコン16mmは2mmの差ですけど、マニュアルレンズであれば付く。
だって、fマウントとEFマウントは2.5mmだけど付いたじゃないですか。

当然、EFマウントなどが、シグマあたりからマウントアダプターが出ると思うので、最も多くレンズが選べるのはNIKON Zマウントってなる可能性があると思います。

RFマウントは、全く望み薄ですからね。

結局、なんだかんだ言って、NIKONは今回他社製のレンズに門戸を開いたのだと思います。Z7とEOS-Rのどっちがいいかではなく、ZマウントはRF マウントよりいい。この点で今回はNIKON を選ぼうと思います。

千葉のウユニ塩湖? 江川海岸

ウユニ塩湖行ってみたいけどなかなか行けない。
そこで、千葉のウユニ塩湖って言われるところに行ってきました。

当日は、風が強かったんで、頑張っても、逆さの風景は見えず、塩も満ちていたので海岸にも降りられず。

まぁ、こんなところでした。

本物とはやっぱり違うな〜。

Gemini PDA

3月に indiagogo に出資した、 Gemini PDA やっと出荷されたようですが、香港→シンガポール→深圳→成田と向かっているようです。

えらい遠回り(笑) なんでも、リチウムイオン系の電池は、香港から日本に向かえないようで、こうなるみたいです。

深圳の空港で、機材故障とかで足止めになってちょっと心配しましたが、無事に成田に届き、成田を出たようです。明日到着予想になっていましたが、今日届くかな〜。

楽しみ。

OS-X yosemite phpmyadmin を動作させる(php/mysql連動)

os-x で phpmyadmin を動作


mysql / php は入っているものとします。

 

apache 確認(yosemite はapache 初期導入済み)

 

$ httpd -v

Server version: Apache/2.4.28 (Unix)

Server built:   Oct 29 2017 19:23:15

 

apache 起動

sudo /usr/sbin/apachectl start

 

php.ini 設置

sudo cp -p /etc/php.ini.default /etc/php.ini

apache/php 連動

$ sudo vi /etc/apache2/httpd.conf
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
↓
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

apache再起動

$ sudo /usr/sbin/apachectl restart

 

phpmyadmin設置

ダウンロード

ここ からダウンロード(ブラウザでダウンロード)

 

設置

自分の環境では自動的に unzip されるが、必要なら、upzip

$ sudo cp -rf phpMyAdmin-4.7.9-all-languages /Library/WebServer/Documents/phpMyAdmin

設定ファイル変更

$ cd /Library/WebServer/Documents/phpMyAdmin/
$ sudo mv config.sample.inc.php config.inc.php
$ sudo vi config.inc.php
$cfg['Servers'][$i]['host'] = ‘localhost’;
↓
$cfg['Servers'][$i]['host'] = ’127.0.0.1′;

Larval 5.5 をOS-X にインストール

OS-X ELCAPTION に laravel をインストールしました。その忘備録


PHP が 5.5 なので、PHP を7に上げる。

 

brew がないのでインストール

OS-X ELCAPTION(10.11) には /usr/local/bin がないので作成
$ sudo mkdir /usr/local/bin
path を通す。
$ vim ~/.bash_profile
export PATH=/usr/local:$PATH

brewインストール

$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

path を通す。
$ source ~/.bash_profile

 

home-brew のlink が、PHPに届いていないようなので、それを設定します。

core を確認
$ brew -vHomebrew 1.5.9Homebrew/homebrew-core (git revision b1ce; last commit 2018-03-09)
php -vPHP 5.5.38 (cli) (built: Oct 29 2017 20:49:07) Copyright (c) 1997-2015 The PHP GroupZend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies
$ brew taphomebrew/core
core とPHP をhomebrewに通す
$ brew tap homebrew/core
$ brew tap homebrew/php
php7を確認
$ brew search php7
brew search php7==> Searching local taps...homebrew/php/php70                         homebrew/php/php70-uv                      homebrew/php/php71-timecophomebrew/php/php70-amqp                    homebrew/php/php70-v8js                    homebrew/php/php71-

・・・・・・

 homebrew/php/php71-tidy
php7をインストール
$ brew install homebrew/php/php70
path を通す
$ vi .bash_profile 
export PATH="$(brew --prefix homebrew/php/php70)/bin:$PATH"
$ source .bash_profile
phpバージョンを確認
$ php -v
PHP 7.0.27 (cli) (built: Jan  5 2018 12:23:32) ( NTS )Copyright (c) 1997-2017 The PHP GroupZend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

mySQLをインストール

mySQL環境を確認

$ brew info mysql
mysql: stable 5.7.21 (bottled), devel 8.0.4-rcOpen source relational database management systemhttps://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/Conflicts with:  mariadb (because mysql, mariadb, and percona install the same binaries.)  mariadb-connector-c (because both install plugins)  mysql-cluster (because mysql, mariadb, and percona install the same binaries.)  mysql-connector-c (because both install MySQL client libraries)  percona-server (because mysql, mariadb, and percona install the same binaries.)Not installedFrom: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/mysql.rb==> DependenciesBuild: cmake ✘Required: openssl ✔==> RequirementsRequired: macOS >= 10.7 ✔==> Options--with-debug Build with debug support--with-embedded Build the embedded server--with-local-infile Build with local infile loading support--with-memcached Build with InnoDB Memcached plugin--with-test Build with unit tests--devel Install development version 8.0.4-rc==> CaveatsWe've installed your MySQL database without a root password. To secure it run:    mysql_secure_installation
MySQL is configured to only allow connections from localhost by default
To connect run:    mysql -uroot
To have launchd start mysql now and restart at login:  brew services start mysqlOr, if you don't want/need a background service you can just run:  mysql.server start

mySQLをインストール

$ brew install mysql
mysql.server startStarting MySQL. SUCCESS!

mySQLにルートを設定

mysql_secure_installation
Securing the MySQL server deployment.
Connecting to MySQL using a blank password.
VALIDATE PASSWORD PLUGIN can be used to test passwordsand improve security. It checks the strength of passwordand allows the users to set only those passwords which aresecure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD plugin?
Press y|Y for Yes, any other key for No: Please set the password for root here.
New password:
Re-enter new password: By default, a MySQL installation has an anonymous user,allowing anyone to log into MySQL without having to havea user account created for them. This is intended only fortesting, and to make the installation go a bit smoother.You should remove them before moving into a productionenvironment.
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) : ySuccess.

Normally, root should only be allowed to connect from'localhost'. This ensures that someone cannot guess atthe root password from the network.
Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
... skipping.By default, MySQL comes with a database named 'test' thatanyone can access. This is also intended only for testing,and should be removed before moving into a productionenvironment.

Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
... skipping.Reloading the privilege tables will ensure that all changesmade so far will take effect immediately.
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
... skipping.All done!

mySQLにユーザーを設定

$ mysql -uroot -p
grant all privileges on *.* to xxxxx@localhost identified by 'xxxxxxx';

laravelインストール

$composer global require "laravel/installer=~1.1"

プロジェクトを作ってみる

composer create-project laravel/laravel test --prefer-dist
cd testsudo chmod -R 777 storage

プロジェクト起動

php artisan serve