kitayama

写真 アプリ開発 時々旅行 そしてテニス

Laravel login で419エラーが出る

larvel login で 419エラーが出る。

これは、CSRF のセッションコードが変わってしまっているため、csrf のセッションエラーのなることで発生している模様。

対応方法として、.env の SESSION_LIFETIME を長い時間にする。

テスト方法として、

 SESSION_LIFETIME = 1 とすると、1分経過で、419エラーとなる。

なので、SESSION_LIFETIME = 5000 とかする。(5000分)

プラスで

/resources/views/errors/419.blade.phpを作り

<META http-equiv=”Refresh” content=”0;URL=https://point-trade.com”>

のように、リダイレクトさせると、セッションが再構成される。(←未確認)

ウイルソン プロストック H22

ウイルソン のプロストックのH22の16×19を入手しました。BLADE 98CVコスメです。

本物のプロストックとブレードの見分け方です。よくボックスだからすぐわかるじゃんって言われますけど、写真で見たらわからないんですよ。実物を比べればわかるんですけどね。

で、ネットの写真ですぐわかる方法です。

H22は、真ん中にガットが密集しています。少なくとも16×19はそうです。このせいで、芯を食うと恐ろしいタマが出ます。

travel vue.js pusher で チャットを作成

php artisan make:model ChatMessage -m
vi database/migrations/2020_XX_XX_XXXXXXX_create_chat_messages_table.php
Schema::create('chat_messages', function (Blueprint $table) {
    increments('id');
    integer('from')->nullable();
    integer('to')->nullable();
    integer('group')->nullable();
    integer('readed')->nullable();
    integer('type')->nullable();
    text('body')->nullable();
    timestamps();
});
php artisan migrate
vi app/ChatMessage.php
class ChatMessage extends Model
{
    //
    protected $guarded = ['id'];
}

larval migration

larval migration メモ

php artisan make:migration create_company –create=company

この内容で、database/migrations の下に、2019_11_18_001404_create_tours.php

の形でファイルができる。

bigIncrements(‘id’);

$table->integer(‘company_id’); //ツアー管理会社
$table->string(‘name’,128); //ツアー名
$table->string(‘code’,128); //ログインコード
$table->integer(‘user_id’); //ユーザーID
$table->timestamps();
});
}

/**
* Reverse the migrations.
*
* @return void
*/
public function down()
{
Schema::dropIfExists(‘tours’);
}
}

のように記述して

php artisan migrate

を実行する。

Unity に Vuforia をインストールしようとしたらエラーになった件について

unity に Vuforia をインストールしようとしたらエラーになった。

調べてみたところによると、Unity のアプリケーション(プロジェクトではない)が、Unity のルートにないとインストールできないらしい。

そこで、

/アプリケーション/Unity/Hubの下の所定のバージョウンの中身を全て、/アプリケーション/Unityの下に移動。

ダウンロードしておいた、Vuforiaのインストーラを起動 (インストーラのバージョンと移動させたバージョンが一致してないといけない)

インストールが成功したら、移動させたアプリケーションを、HUBの下の元に移動させる。

IPADOS13 パブリックβ2

IPADOS パブリックβ2 本日リリースされたことに気がつきました。

気がついたことを書いていこうと思います。

とりあえずこれはいいと思ったこと。

マウスのサイズを変更できるようになりました。

いままでは、3段階で一番小さくても大きかったので、今回はその下にもう1サイズできていていい感じです。

それと、マウス使ってないときは消えてくれます。

今までは、すぐに画面の真ん中にドカンと邪魔くさかったのですが、消えていればなんの問題もありません。

 

ということで、今は、この原稿もiPADOS3で書いています。

iPADOS13 β版でマウスを試してみた

iPADOS 13。もう興奮しますよね。予定より1ヶ月早くリリースされたので、早速試してみました。

試したのは、iPad mini 5。本当はiPADPRO に入れたかったんですけど、流石に動かなくjなっちゃうと困るので、まずはmini5 に入れてみました。

で、噂のマウスを動かしてみました。

 

とは言っても、意外と長い道のりでした。というのはですね。

なんとmagic mouse2 で動かない。APPLE純正のマウスで動かないなんて思わないでしょ?

なので、mini5だと、まだマウスが動かないと思ったんですね。かれこれ1時間ほど動かしたんですけど、動かないので、諦めました。

もともと、macで使っていたマウスなので、bluetooth コネクションが他で認証されちゃうとダメなのかな〜とか思っていました。

でもって、今朝起きた時に、机の上に転がっていたmagicmouse。そう電池入れる初号機です。

この、まうすなら、もうずっと電池入ってないし、プロファイルも消えてるかな〜とか思って、電池入れてみたんですね。

そしたら、認証は遅かったんですけど、見事bluetoothに接続したんです。

結論、iPADOS13は、magicmouse2には繋がらないけど、magic mouse には繋がる。

一度わかってしまうと、その後はスムーズ。thinkpad のキーボードにもつながりますし、怪しげなtouchpad を持つキーボードにもつながります。

マウスのセンターをメニューでdocに入れると、すワイプで出てこなくなったDOCも呼び出せます。一気に、使い勝手UP。タッチパッド付きキーボードiPAD用が出る予感。

それにしても、このマウスアイコン。もうちょっと小さくならないのかな。

swift + iOS 12 カメラ撮影したデータにGPSデータを付加する。

IOS12 でカメラで登録した写真にLOCATION を登録

iPhone でカメラで撮った写真に、exif を書き込んで、ロケーションを登録する。こんなの、すぐできるとおもっていたら、思わず、丸々2日もかかってしまいました。

 

まず、iOS10の時までに仕えていたライブラリーが使用禁止。あげくのはてに、exif の仕様が変わったのか、世の中に数多ある、方法では、全然location にデータが入らない。GPS 情報はexif の外側に保存するのね。これに気がつくのに半日費やしました。

で、なんとかデータを書き込むことに成功しました。

 

ソースの必要な方は、ご連絡ください。